紫外線療法

紫外線療法とは

皮膚疾患に効果的な紫外線を照射して治療します

紫外線療法とは、医療用紫外線照射器を使って皮膚疾患に効果的な紫外線を照射することで、乾癬、白斑、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症などに効果を発揮する治療方法です。当クリニックが導入している中波紫外線治療器「308エキシマーシステム」は、従来よりも強い紫外線を照射することができるため、なかなか改善しない疾患に対しても高い効果が期待できます。紫外線療法は一部保険が適用されます。

中波紫外線治療器「308エキシマーシステム」

中波紫外線治療器「308エキシマーシステム」は、中波長紫外線(UVB)を照射するターゲット型紫外線照射装置で、患部のみにスポット照射が行えます。健康な皮膚にまで紫外線を照射することなく、より強い紫外線を患部にだけ安全に照射して治療できます。痛みはまったくないので麻酔の必要はありません。

コンパクトな装置なので患部にのみ紫外線を照射できます。
そのため従来の大型の治療機器のように全身の健常な皮膚にまで紫外線を照射することがなく、より強い光を患部だけに安全かつ効果的に照射し治療することができます。

尋常性乾癬

手や背中、足などの皮膚が赤くなって盛り上がり、表面が乾燥したような状態になりひび割れその一部がボロボロとはがれ落ちます。

治療前
 
治療途中
 
治療後

尋常性白斑

突然皮膚の色が抜け、白い斑点ができる。はじめは指の先ほどの小さな白い斑点(白斑)が2~3個次第に数が増え、範囲が広がっていきます。

治療前
 
治療途中
 
治療後

掌蹠膿疱症

手の平や足の裏に小さなみずぶくれができ、膿になる、かゆみを伴い、赤くカサカサとする。皮膚がむける症状は良くなったり悪くなったりする

治療前
治療途中

まずはお気軽にご相談ください

お悩みの方はいつでも三愛クリニックまでお問い合わせください

  • tel_06-6968-5008
  • メールでのお問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

お悩みの方はいつでも
三愛クリニックまでお問い合わせください

  • common_tel_sp.png
  • メールでのお問い合わせ