ピーリング・イオン導入

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは

日本美容皮膚科学会や欧米で大好評のSkin Careで、若返り治療として注目され、主流になりつつある治療法です。
「ピール」とは、皮をむく、はぐという意味です。
古い角質を取り除き、肌の新生を助けることによって、肌の新陳代謝が促進されくすみやにきび、にきび痕の改善、その他にしみ・しわ・色素沈着など、肌トラブルを改善できる美肌法です。
副作用の心配はほとんどなく、十分な効果が得られます。

ピーリング後は、肌本来の透明感が引き出されます。

ピーリングはこんな方におすすめ
  • にきび
    にきびの主な原因は、角質が厚くなり毛穴が詰まる、皮脂が増えるといったこと、又、炎症性のにきび(赤くなったにきび)では、皮脂が分解され遊離脂肪酸になり、炎症の元になってしまう、といった事があげられます。
    ピーリングで、主に厚くなった角質をはがす事によりその効果を発揮します。
  • しみ
    角質を溶かすことにより奥にあったしみが表面に上がっていき、その後薄くなっていきます。
  • しわ
    グリコール酸が肌にある繊維芽組織を刺激し、コラーゲン(肌の弾力、ハリに必要な成分)の量を増やし、しわに働きかけます。

三愛クリニックのピーリング

三愛クリニックのピーリングは、痛みもほとんどなく、施術終了後すぐにお化粧もできダウンタイムはありません。

ピーリングは、皮膚の上部の数層の角質層を溶かすので、強すぎれば当然ヒリヒリしたり、炎症を起こしたりします。又、そうならないために、酸が薄すぎると効果があまりないことになってしまいます。
三愛クリニックのピーリングは経験と実績にもとづいて、一人一人に合った濃度で丁寧に施術いたしますので、ほとんど問題がありません。

効果は、即実感していただけます。

イオン導入を一緒に行うと、さらに効果的です。

記事掲載: 【肌のプロ「美容皮膚科」へ/ピーリングは強い味方】

ピーリングとその効果について

ケミカルピーリングは1960年頃から始まった治療で、1970年にはその基礎が確立したものです。
欧米ではTCAやBHAが使われていたのですが、日本ではより安全で副作用が少ないAHA(フルーツ酸)が1990年頃より人気がでてきました。
ピーリングは、ニキビ・シミ・シワに有効な治療法です。
ピーリングはお肌の一番上層部の古くなった角質層を、安全な酸で溶かしてきれいにするものです。
一番上層部の角質層がなくなると、最下層の規定細胞という細胞が肌が薄くなったと感じて新しい細胞を生み出します。そのため、肌のターンオーバーが少し早くなり、活性化されます。
これを2週間に1回程度繰り返していくと、肌はどんどん若くてみずみずしい細胞が多くなり、肌は当然美しくなります。
ニキビは表在性の病変なので、ピーリングが特に有効です。

院長 東條文龍


Q. ピーリングは、どのぐらいの周期で行なうのがいいんですか?
A. ピーリングは、お肌のターンオーバー(肌の再生)に合わせて、2週間に1度されるのがお勧めです。

Q. どれくらい時間がかかりますか?
A. 施術時間は、約30分です。
   お化粧をおとしたり、施術後のメイク時間を入れて、1時間くらいです。

Q. 男性もできますか?
A. 女性だけでなく、もちろん男性も受けていただけます。
   にきびなどにお困りの男性の方も、是非!!

イオン導入

しみ・くすみなどの肌トラブルを効果的に解消します

イオン導入とは、美肌に有効な成分(ビタミンC・トラネキサム酸など)をイオン(電気)の力で肌の奥にまで浸透させる施術です。ご家庭で行うパックの100倍の浸透力があり、しみやくすみなどの肌トラブルを効果的に解消することができます。痛みはほとんどありませんので、痛みが苦手な方でも安心して受けられます。

まずはお気軽にご相談ください

お悩みの方はいつでも三愛クリニックまでお問い合わせください

  • tel_06-6968-5008
  • メールでのお問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

お悩みの方はいつでも
三愛クリニックまでお問い合わせください

  • common_tel_sp.png
  • メールでのお問い合わせ